ルートキャスティング

お芝居コラム「情報量の多い芝居をする」

LINEで送る
Pocket

お芝居コラム「情報量の多い芝居をする」

 

 

役者は、セリフの言い方動作で多くの情報を観客に与えることができます。

 

むしろ、セリフ以外の情報を伝えなければならないのです。

なぜならば、セリフに書いてる情報だけを伝える役割なのであれば、お客さんに台本そのものを読んで貰えば良くなるからです。

 

では、どのようにしてセリフ以外の情報をお客さんに伝えるのか?

本日は「情報量の伝え方」についてお話します。

 

時間を表現する

 

よく役者さんに求められるのは「時間」を表現することです。

 

 

台本は、その人の人生の一部分を切り取ったに過ぎないので、お客さんに「時間」を感じさせることが必要です。

 

キャラクターがそのことにかけた時間、生きた時間など、様々ですが、、、

簡単な例でいうと

待ち合わせに遅れた友達がやってきて、「もう!遅いよ!」というセリフがあったとします。

 

ただ、セリフを言うのではなく、どれくらいここで待ったのかを「もう、遅いよ!」に込めることができます。

そうすると、お客さんはその言い方で「時間」の情報を得ることができるのです。

 

関係性を表現する

 

そしてもう一つ、役者さんがよく求められるのが「関係性」を表現することです。

 

 

その2人は仲良しなのか? 普段どんな会話をするのか?など、台本以外を想像させるような「関係性」を表現することが求められます。

 

先ほどの待ち合わせの例で言うと、「もう!遅いよ!」の言い方は「時間」+どんな「関係性」の相手なのか?によって変わってきます。

そうすると、お客さんは「セリフの内容」+「時間」+「関係性」まで情報を得ることができるのです。

 

 

このように短いセリフであっても、情報量を多くすることによってシーンに厚みが増していきます。

「時間」「関係性」以外にも表現できることはきっとまだあるでしょう。

 

一つ注意点なのは、意味のない情報を増やすのは間違ってるので、あくまでもシンプルに作品にとって必要な情報を加えていきましょう。

 

情報量の多い芝居ができるようになると、お客さんが「察する」ことのできる面白いセリフが増えてくるはずです。

 

最後に

いかがでしたでしょうか?

少しでもお芝居をする中でのヒントになれば幸いです。

 

ルートキャスティングでは、役者さんの演技力向上に貢献し、

確かな演技力をもったタレントさんを提案する為に、日々視野を広くし優れたタレントさんを探しております。

 

事務所の方や役者さんからのお問い合わせも大歓迎ですので

お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらから

アジア全域でのタレント・芸人・役者・モデル・インフルエンサー等 幅広いジャンルから広告・PR・イベント・映画・ドラマ等、案件の特性に合わせた最適なキャスティングを始め、 クリエイターの人材派遣・オーディション代行サービスも提供。地方自治体・団体からのご依頼もお待ちしております。
事務所さまからの営業のお問い合わせもこちらからお願い致します。

03-5787-6288

ルートキャスティングへのお問い合わせとお伝えください。

平日 / 10:00〜20:00

土日祝日 / メールにてお問い合わせお願い致します

メールは24時間受付可能です。
お急ぎの場合は鈴木宛(080-4797-1377)にお電話ください。

    は必須項目です。必ずご記入ください。

    お名前
    ふりがな
    メールアドレス
    ご住所
    お電話番号
    お問合せ内容
    個人情報の取り扱い 個人情報保護方針に同意し、送信する

    コメントは受け付けていません。

    LINEで送る
    Pocket

    関連記事RELATED ARTICLE

    メールフォームよりお気軽にお問い合わせ下さい

    お問い合わせはこちら お問い合わせはこちら arrow_right
    PAGE TOP