ルートキャスティング

お芝居コラム「対比を見つける」

LINEで送る
Pocket

お芝居コラム「対比を見つける

 

 

自分のキャラクターがこの話に存在する意味は?このシーンの意味は?

 

役者は全体像から、役割を見つける必要があります。

 

本日はその役割を見つけやすくなる「対比を見つける」というテクニックをお伝えします。

 

キャラクターの対比

 

意味のないキャラクターや台詞を脚本家は描きません。

必ずしもどこかに意図が隠れています。

 

その一つの見つけ方として、「対比」と言うものが描かれていることがあり、

主人公のキャラクター性発言を際立たせるために対比的にキャラクターが置かれている場合があります。

 

例えば、コンビニでお金を払うシーン。

 

 

主人公が几帳面で丁寧にお金を渡すシーン。その前後に乱雑にお金を渡す人物がいたとします。

 

主人公の「几帳面さ」を強調される効果を脚本家は求めているため、より乱雑さがわかりやすい表現がこの場合はベストです。

 

というように、対比を脚本の中で見つけることによって、自分の役割が見えてくることがあります。

 

時間経過の対比

 

もう一つは、時間経過による同じキャラクターでの対比です。

 

 

前半部分の行動や発言と、後半部分の行動や発言の違いで、

そのキャラクターの変化や成長を表現していることがよくあります。

 

同じシチュエーションであることがよくあり、変化を見せたいキャラクターを際立たせたいので

その場面に出てくる他のキャラクターは、前半と後半で変化をわざとさせない方がベストです。

 

このように、「対比」というものは脚本のあらゆるところに散りばめられているので、

脚本家のメッセージを汲み取り、表現にぜひ反映させてみてください!

 

最後に

いかがでしたでしょうか?

少しでもお芝居をする中でのヒントになれば幸いです。

 

ルートキャスティングでは、役者さんの演技力向上に貢献し、

確かな演技力をもったタレントさんを提案する為に、日々視野を広くし優れたタレントさんを探しております。

 

事務所の方や役者さんからのお問い合わせも大歓迎ですので

お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらから

アジア全域でのタレント・芸人・役者・モデル・インフルエンサー等 幅広いジャンルから広告・PR・イベント・映画・ドラマ等、案件の特性に合わせた最適なキャスティングを始め、 クリエイターの人材派遣・オーディション代行サービスも提供。地方自治体・団体からのご依頼もお待ちしております。
事務所さまからの営業のお問い合わせもこちらからお願い致します。

03-5787-6288

ルートキャスティングへのお問い合わせとお伝えください。

平日 / 10:00〜20:00

土日祝日 / メールにてお問い合わせお願い致します

メールは24時間受付可能です。
お急ぎの場合は鈴木宛(080-4797-1377)にお電話ください。

    は必須項目です。必ずご記入ください。

    お名前
    ふりがな
    メールアドレス
    ご住所
    お電話番号
    お問合せ内容
    個人情報の取り扱い 個人情報保護方針に同意し、送信する

    コメントは受け付けていません。

    LINEで送る
    Pocket

    関連記事RELATED ARTICLE

    メールフォームよりお気軽にお問い合わせ下さい

    お問い合わせはこちら お問い合わせはこちら arrow_right
    PAGE TOP