ルートキャスティング

お芝居コラム「相手のセリフに反応しよう」

LINEで送る
Pocket

お芝居コラム「相手のセリフに反応しよう

 

 

お芝居は誰かと一緒に作り上げるものです。

 

よく「相手のお芝居を受けて!」「相手のセリフをよく聞いて!」と指摘される役者さんは多いでしょう。

 

受けているつもりなのに!聞いているつもりなのに!うまくいかない・・・。

 

本日は「相手のセリフに反応する」ことについてお話します。

 

よくある失敗例

 

よくありがちでダメなセリフの準備の仕方として、

 

 

 

相手がセリフを言い終わってから、

言葉の内容を理解し、感情が動き、セリフを発してしまう役者さんがいますが、

これだと、自然とは言えず、セリフの出しがかなり遅くなってしまいます。

 

 

では、どのように次のセリフを準備するのがいいのでしょうか?

 

 

どのワードを聞いたら次のセリフが出てくるか?

 

日常会話を思い出してみると、意外と話を聞いている途中で相手が何を言いたいかが分かるものです。

 

 

相手の話を聞いている途中で、次に何を言おうか考えているので、自然な会話とは思っている以上にテンポが速いのです。

 

それが、お芝居になると、相手がセリフを言い終わってから、それを受けて自分のセリフを発してしまうことがよくあります。

 

これは本当の意味で相手のセリフを聞いていません。

 

相手のセリフのどのワードが聞こえたら、ある程度言いたいことが予想できるのか?などを一度考えてみましょう。

 

そうすると、自分の次のセリフの準備時間が前倒しになり、テンポよく会話をすることができます。

 

もう一度、台本を読み直して、自分のセリフの前のセリフにぜひ、注目してみてください!

そうすると、「相手のセリフに反応する」ということが前よりもスムーズになるかもしれません。

 

 

最後に

いかがでしたでしょうか?

少しでもお芝居をする中でのヒントになれば幸いです。

 

ルートキャスティングでは、役者さんの演技力向上に貢献し、

確かな演技力をもったタレントさんを提案する為に、日々視野を広くし優れたタレントさんを探しております。

 

事務所の方や役者さんからのお問い合わせも大歓迎ですので

お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらから

アジア全域でのタレント・芸人・役者・モデル・インフルエンサー等 幅広いジャンルから広告・PR・イベント・映画・ドラマ等、案件の特性に合わせた最適なキャスティングを始め、 クリエイターの人材派遣・オーディション代行サービスも提供。地方自治体・団体からのご依頼もお待ちしております。
事務所さまからの営業のお問い合わせもこちらからお願い致します。

03-5787-6288

ルートキャスティングへのお問い合わせとお伝えください。

平日 / 10:00〜20:00

土日祝日 / メールにてお問い合わせお願い致します

メールは24時間受付可能です。
お急ぎの場合は鈴木宛(080-4797-1377)にお電話ください。

    は必須項目です。必ずご記入ください。

    お名前
    ふりがな
    メールアドレス
    ご住所
    お電話番号
    お問合せ内容
    個人情報の取り扱い 個人情報保護方針に同意し、送信する

    コメントは受け付けていません。

    LINEで送る
    Pocket

    関連記事RELATED ARTICLE

    メールフォームよりお気軽にお問い合わせ下さい

    お問い合わせはこちら お問い合わせはこちら arrow_right
    PAGE TOP