ルートキャスティング

お芝居コラム「シーンの目的を考えよう」

LINEで送る
Pocket

お芝居コラム「シーンの目的を考えよう」

 

 

オーディションの課題で、よくワンシーンだけの紙が配られます。

 

まず、自分がどういう役で、どんなキャラクターなのか?というところはもちろん考えなくてはいけないのですが、それだけでは物足りません。

 

それ以上に「そのシーンの目的」を考える必要があります。

 

シーンの目的とは?

 

シーンには必ず、目的があります。目的のないシーンを脚本家さんは描かないからです。

 

ト書きやセリフにその目的のヒントが隠されていたり、書いてない場合は自分で想像する必要があります。

 

大事なのは、まず脚本家さんの気持ちになって、なぜこのシーンを書いたのかを想像することです。

そうすると自ずと、シーンの目的が見えてきます。

 

なぜ?シーンの目的を考える必要があるのか。

 

例えば、親子2人の食卓のシーンがあったとします。

 

 

ただ、親子でご飯を食べているシーンだとしても、

親目線でそのシーンを見て欲しいのか、子供目線でそのシーンを見せて欲しいかで、

そのシーンの意味合いは変わってきます。

 

そして、それにより役者さんが求められる、そのシーンにおける役割が変わっていき、

演じ方は大きく変わっていきます。

 

親のキャラクターを立てるのか、子供のキャラクターを立てるのか。

どのセリフを聞かせたいのか? お客さんにどんな感情になって欲しいのか?

など、一回そのシーンを俯瞰的に見ることで、自分のセリフの言い方をもう一度見直せるかもしれません。

 

シーンにサブタイトルを付けてみる。

 

そのシーンの目的を自分の中で明確化するために、そのワンシーンに勝手にサブタイトルを付けてみると効果的です。

 

 

先ほどの親子の食卓シーン「親からの愛情」っていうサブタイトルなのであれば、親役は台詞の端々から「愛」が見えるようにしなければなりません。

 

子供役をやるときはその「愛」を受け取るのか、気づいてないのか。など考えると、

そのワンシーンに意味合いや重みが出て、見ている人たちを魅了するシーンが作れるかもしれません。

 

最後に

いかがでしたでしょうか?

少しでもお芝居をする中でのヒントになれば幸いです。

 

ルートキャスティングでは、役者さんの演技力向上に貢献し、

確かな演技力をもったタレントさんを提案する為に、日々視野を広くし優れたタレントさんを探しております。

 

事務所の方や役者さんからのお問い合わせも大歓迎ですので

お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらから

アジア全域でのタレント・芸人・役者・モデル・インフルエンサー等 幅広いジャンルから広告・PR・イベント・映画・ドラマ等、案件の特性に合わせた最適なキャスティングを始め、 クリエイターの人材派遣・オーディション代行サービスも提供。地方自治体・団体からのご依頼もお待ちしております。
事務所さまからの営業のお問い合わせもこちらからお願い致します。

03-5787-6288

ルートキャスティングへのお問い合わせとお伝えください。

平日 / 10:00〜20:00

土日祝日 / メールにてお問い合わせお願い致します

メールは24時間受付可能です。
お急ぎの場合は鈴木宛(080-4797-1377)にお電話ください。

    は必須項目です。必ずご記入ください。

    お名前
    ふりがな
    メールアドレス
    ご住所
    お電話番号
    お問合せ内容
    個人情報の取り扱い 個人情報保護方針に同意し、送信する

    コメントは受け付けていません。

    LINEで送る
    Pocket

    関連記事RELATED ARTICLE

    メールフォームよりお気軽にお問い合わせ下さい

    お問い合わせはこちら お問い合わせはこちら arrow_right
    PAGE TOP