ルートキャスティング

お芝居コラム「演出家、監督の指示は意図まで汲み取ろう」

LINEで送る
Pocket

お芝居コラム「演出家、監督の指示は意図まで汲み取ろう」

 

 

現場で、演出家さんや、監督さんに「もっとこうして欲しい」

という指示への対応力は役者にとって非常に大事なものです。

 

しかし、その指示の表面だけを汲み取ってしまうと、お芝居が崩れる場合があります。

 

本日は、お芝居の修正指示をどのように汲み取り、反映させればいいのか?についてお話します。

 

意図を読み取る

 

例えば、「ここで、立って欲しい!」などの指示があった場合、一番ダメな反映の仕方は、言われた通りただ「立つ」ことです。

 

そういう時は一度冷静になって、なぜその指示をしたのか意図を考えましょう。

 

 

「顔が見えないから?」「ここでインパクトを持たせたいから?」

必ずそこには意図があるはずです。

 

客観的な視点を取り入れて、その意図を汲み取りましょう

 

理由づけをする

 

意図が掴めたら、その意図を汲み取った上で、役として「立つ」ということを実行しなければなりません。

役者さんは瞬時に「立つ」理由を作らなければならないのです。

 

 

「言いたいことがあって立ち上がったのか」、「相手の役の顔をもっと見たくなったから」なのか、

そのシーンにそぐった、自分なりの理由を必ずつけてみましょう。

 

それができると、演出の意図も汲み取った上で、違和感のない表現ができるはずです。

 

「意図」と「理由づけ」をしっかり自分の中に落とし込んで、ただ言われた通りにするロボットではなく、

表現者として、そのシーンを生きましょう!

 

最後に

いかがでしたでしょうか?

少しでもお芝居をする中でのヒントになれば幸いです。

 

ルートキャスティングでは、役者さんの演技力向上に貢献し、

確かな演技力をもったタレントさんを提案する為に、日々視野を広くし優れたタレントさんを探しております。

 

事務所の方や役者さんからのお問い合わせも大歓迎ですので

お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらから

アジア全域でのタレント・芸人・役者・モデル・インフルエンサー等 幅広いジャンルから広告・PR・イベント・映画・ドラマ等、案件の特性に合わせた最適なキャスティングを始め、 クリエイターの人材派遣・オーディション代行サービスも提供。地方自治体・団体からのご依頼もお待ちしております。
事務所さまからの営業のお問い合わせもこちらからお願い致します。

03-5787-6288

ルートキャスティングへのお問い合わせとお伝えください。

平日 / 10:00〜20:00

土日祝日 / メールにてお問い合わせお願い致します

メールは24時間受付可能です。
お急ぎの場合は鈴木宛(080-4797-1377)にお電話ください。

    は必須項目です。必ずご記入ください。

    お名前
    ふりがな
    メールアドレス
    ご住所
    お電話番号
    お問合せ内容
    個人情報の取り扱い 個人情報保護方針に同意し、送信する

    コメントは受け付けていません。

    LINEで送る
    Pocket

    関連記事RELATED ARTICLE

    メールフォームよりお気軽にお問い合わせ下さい

    お問い合わせはこちら お問い合わせはこちら arrow_right
    PAGE TOP