ルートキャスティング

お芝居コラム「方言に変換してみる」

LINEで送る
Pocket

お芝居コラム「方言に変換してみる」

 

 

地方出身の役者さんなどで、標準語でセリフを言うのが難しい

標準語にすると、感情が湧きにくい!など悩んでいる方はいませんか?

 

その場合のテクニックで方言に一度変換してみるという方法があります。

 

本日は地方出身者向けのアドバイスを話します!

 

方言に変換してセリフを声に出してみる

 

セリフを一度、方言に変換してみて、声に出して読んでみましょう。

 

そうすると、心に違和感なく、セリフが自分に馴染んでくる感覚はありませんか?

 

その時の感覚が体に馴染むまで何度も繰り返してください。

 

それができるようになったら次のステップへ進みます。

 

気持ちはそのままで標準語に戻す

 

 

その時の気持ちや感覚をもったまま、セリフを標準語にまた戻して言ってみましょう。

 

コツとして、セリフの意味を伝えるというよりは、セリフはただの文字の羅列だと思ってください。

 

先ほど、方言の時に感じることができた心のスムーズさを、標準語でも感じれるようになれば、

セリフがだんだんと自分に馴染んできた証拠です。

 

このようなトレーニングで、気持ちが出やすいセリフにだんだんとなってくるはずです。

 

 

本日は「方言に変換する」というテクニックを紹介しました。

 

自分が小さい頃から使っている言葉はというのは、感情を表現することに慣れているので、

変換すると、あーこれってこういう感情なんだ!とキャラクターの心情を理解することにつながります。

 

積極的にいろんなアプローチを試していき、セリフを自分に落とし込んでいきましょう!

 

 

最後に

いかがでしたでしょうか?

少しでもお芝居をする中でのヒントになれば幸いです。

 

ルートキャスティングでは、役者さんの演技力向上に貢献し、

確かな演技力をもったタレントさんを提案する為に、日々視野を広くし優れたタレントさんを探しております。

 

事務所の方や役者さんからのお問い合わせも大歓迎ですので

お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらから

アジア全域でのタレント・芸人・役者・モデル・インフルエンサー等 幅広いジャンルから広告・PR・イベント・映画・ドラマ等、案件の特性に合わせた最適なキャスティングを始め、 クリエイターの人材派遣・オーディション代行サービスも提供。地方自治体・団体からのご依頼もお待ちしております。
事務所さまからの営業のお問い合わせもこちらからお願い致します。

03-5787-6288

ルートキャスティングへのお問い合わせとお伝えください。

平日 / 10:00〜20:00

土日祝日 / メールにてお問い合わせお願い致します

メールは24時間受付可能です。
お急ぎの場合は鈴木宛(080-4797-1377)にお電話ください。

    は必須項目です。必ずご記入ください。

    お名前
    ふりがな
    メールアドレス
    ご住所
    お電話番号
    お問合せ内容
    個人情報の取り扱い 個人情報保護方針に同意し、送信する

    コメントは受け付けていません。

    LINEで送る
    Pocket

    関連記事RELATED ARTICLE

    メールフォームよりお気軽にお問い合わせ下さい

    お問い合わせはこちら お問い合わせはこちら arrow_right
    PAGE TOP